コンセプト

<プロジェクトの概要>

本プロジェクトは、野口靖が開発中の時空間マッピングが可能なc-locソフトウェアをもちい、社会-人文科学の研究者による研究―例えば人類学者、歴史学者のフィールドワークによる成果のひとつの表現方法として提示することである。本プロジェクトでは、将来の大型プロジェクトにつなげることを念頭におきながらも、椎野若菜のフィールワークによるデータを事例にすることから着手し、いかに人類学的データを可視的に表現することができるかを試みたい。本プロジェクトはAA研IRCとFSCに関連するプロジェクトです。
IRC  情報資源利用研究センター http://irc.aa.tufs.ac.jp/
FSC  フィールドサイエンス研究企画センター http://www.aa.tufs.ac.jp/fsc/

<プロジェクトのねらい>

野口は、近年さかんになってきたGoogle Maps/Earthなどに代表されるLocative Media―地図製作(マッピング)という行為が、現代のデジタルメディアの恩恵を受けることによって新しく可能になった芸術/文化的表現の技術を利用しながら、それをアートだけでなく、人文社会の分野における展開の可能性を考えている。

技術的な面で目指しているのは、3Dグラフィックスを利用した「時空間」的なマッピングが簡単に作成でき、更にそのシステムにGPS、データベース、ネットワークなどが容易に連携可能になるというものである。そして、この研究成果をアプリケーションの形で広く一般に提供していく事により、誰でも簡単に時空間マッピングソフトウェアを利用したメディア芸術表現が可能になると考えている。

椎野は、自身が社会人類学的調査を行ってきた、ケニア共和国において収集してきたデータの一部をこの時空間マップのソフトウェアを用いて可視化することで、より研究の内容が臨場感をもって伝えやすいと考えている。つまり、いわゆる「無文字社会」をフィールドとして研究している人類学者にとって、その土地について、その民族についての歴史の再構築は、もっぱらオーラルヒストリーによるものである。その裏づけとして、植民地化以降の時代であれば、植民地行政官によっては土地の民族、文化などに関心があり毎月、もしくは毎年記載している報告という形の公文書からその記述を洗いだし、参考にすることができる。また強制移住や強制労働、徴税の内容の変化、飢饉などの自然災害の記録と照らし合わせることで、植民地以降の歴史をある程度再構築することができる。文字と写真という平面を使った従来の表現方法では、いたずらに長文と化すだけであり、資料的には価値があっても、読者への表現としては有効とはいえない。人類学、歴史学など人間の文化を通時的に研究している学問において、データの質やテーマの設定の仕方によって、この時空間マップにデータをおいて可視化させる方法は、画期的な表現方法となるのは間違いない。

本研究は、野口自身が試みたプロジェクトを、人類学者とコラボした場合にどのような可能性があるのか、実際に試みるものである。今後、個々の人類学者、歴史学者がもつデータにそくしたカスタマイズの必要性など技術面においても開発していき、研究者自身がソフトを使いこなしていけるようにワークショップを開催し、普及にも努力したい。

<本プロジェクトの位置づけ>

以上から、最終的にはIRCの掲げる三つのも目標のなかでは、成果を生かす最終的な方法として下記の(3)にかかわると考える。
(3) 所外の主に若手研究者向けに、蓄積した研究成果・手法を発信し普及させることを図る「IRCワークショップ」(仮称)を組織する。(このワークショップによって、発信される研究成果・手法に興味を持つ参加者自身の研究を促し、そうした研究者を募って共同研究を組織し、ひいては、その研究成果・手法を核とした研究分野の形成・発展を促すことが期待される。)

<プロジェクトの将来性>

本プロジェクトで使用するソフトウェアは、文化遺産の整理・保存といった視点からも有益である。例えば、中国/北京において消え行く都市部のスラムを調査・記録しているThe Da Zha Lan Projectのように、歴史的な遺産を保存するための画期的なアーカイブシステムを必要としている団体は多々ある。

今後このマッピングシステムがAA研内の研究者による、またひろく社会-人文科学における様々な歴史文化の研究の表現形として意義あるものとして提示できれば、文化(遺産)のアーカイブ化や教育方面、日本社会、また国際社会における研究者の成果の効果的な発信の方法として重要視されるだろう。まずは椎野が野口と組み、人類学×メディアアートの可能性を提示し、そののちにAA研内の所員の希望者を募り、AA研全体の研究の表現形としてうちだせる可能性も秘めている。AA研に欠けているのは、所員がどのような研究をしているのか、一般にむけても公表する、アウトプットの方法の工夫である。今後のアカデミズムの一般との関係性を考えても、メディアアートという分野とのコラボは重要だと考える。野口は最終的に規模を拡大して多国間、異文化社会の相互理解のための一助になればと考えている。そのような芸術/文化/社会的な活動の助けになるようなLocative Mediaシステムを開発、提供したいという大きな目論見のうえにたつプロジェクトである。